冷え性改善には圧力鍋

冷え性改善には圧力鍋で加熱するべし

冷え性改善には、圧力鍋

 

冷え性改善のために、ぜひ使って頂きたい調理器具があります。
それは、圧力鍋です。

 

圧力鍋は、ふたをして、蒸気圧を利用し、高い沸点と、加圧が実現できる、調理器なのです。
面倒なイメージがあって、いまいちマイナーな存在ですが、慣れたら手放せなくなるアイテムでもあります。

 

私も、写真の圧力鍋を、愛用し続けています。 

 

しっかりしたものであれば、耐久性も高く、そうそう壊れたり、修理が必要になることも無いですが、圧力鍋は老朽化すると、爆発の危険も無いわけでは無いので、定期的な買い替えを、私は推奨しています。

圧力鍋の陰陽

圧力鍋は、

 

  • 高い沸点
  • 圧力

 

という 通常の鍋では、実現できない陽性パワーを食材に与えることができます。
温度は高いほど、陽性ですし、圧力は中心へ向かって凝縮している作用ですから、陽性のパワーとなるのです。

 

調理方法の陰陽でも説明していますが、加熱時間が短いほど陽性パワーは、おとなしくなりますが、圧力鍋は、高い沸点と圧力によって、短時間でも、強く陽性化することができるわけです。

 

冷え性改善には、圧力鍋

 

なおかつ、油を使わずとも、水分だけで、短時間で、食材を陽性化できるという夢のようなアイテムとも言えます。
通常の鍋に比較しても、調理時間を3分の一程度に抑えることができるため、省エネでもあります。

 

 

冷え性改善には、圧力鍋

 

筑前煮をつくっている写真です。
筑前煮は、にんじん、れんこん、ごぼう などの根菜を具材として使うため、通常の鍋で調理すると、食材に火が通るまで、トータル 20分〜30分間ほどかかってしまうと思います。

 

ところが、圧力鍋であれば、5分〜10分間で、完了してしまいます。
逆に、時間をかけすぎると、圧力と、高い沸点によって、中の食材がボロボロになってしまうので、注意です。

 

圧力鍋は、中が見えないですからね・・・。 私も欲張って食材を陽性化しようとして、何回か失敗しました。
(特に、にんじん、じゃがいもは、跡形もなく消えてしまうことがよくありました。)

圧力鍋は定期的に買い替えるか、修理・点検にだそう

圧力鍋は、内気圧を高め調理する性質上、鍋自体が、劣化してくると恐いものがあります。
内圧に異常があった場合、気が抜けるように設計されているはずですが、万が一、爆発事故を起こしたら大変ですからね。

 

先述したとおり、そうそう壊れるものでは無いのですが、私は安全のため、定期的に買い替えるようにしています。
高級品を買い求めて、定期的に、修理点検に出すという手もありますね。

 

 

 

 

冷え子ちゃんも、圧力鍋でお料理しているようです






スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ