クーラー病対策方法

クーラー病対策方法

クーラー病対策方法

 

 

クーラー病は、夏場に、エアコンの効いた部屋に長時間いる方が、かかる症状です。

 

クーラー病の症状

  • 肩こり
  • 手足の冷え
  • 頭痛
  • 寒気
  • 吐き気
  • 集中力の低下
  • 食欲の低下
  • 不眠
  • 便秘
  • 下痢

 

クーラー病の対策は、根本的には、陰性&酸性の体質を改善すれば、治ります。中庸体質、アルカリ性体質なら、クーラーの冷気くらいには 負けませんので。

 

要するに、冷え性改善 冷え取りラボ の方法を、実行頂ければ、根本的な、クーラー病対策となるわけです。 あくまでも根本的にはですね。

 

 

ただし、クーラーに弱いという、当面の苦痛に対して、対処する方法が欲しいという、ご要望もあると思います。
そこで、対処療法をご説明することにしましょう。

 

クーラー病の対処療法

  1. 首を冷やさない (帰宅後、首を温める)
  2. 温冷水浴

 

この2つです。

 

クーラー病は、陰性&酸性体質が根本的要因であって、クーラーの冷風と外気の熱気との差によって、自律神経が狂っている状態ですから、自律神経を調整してあげれば、対処療法にはなりえますね。

 

自律神経にアプローチするのは、

 

  • 温める
  • 温めて、急激に冷やす を繰り返す 

 

ことが、とても有効なのですよ。

 

特に、首は自律神経の集結したところです。
夏場の薄着によって、常に露出されて、冷えきって、筋肉が硬くなっていますから、首を冷やさず、帰宅後は、首を集中的に温めると、良いのです。

 

あとは、冷え性改善の方法のひとつでもある、温冷水浴で、自律神経を鍛えます。
この方法で、クーラー病は、対処できるはずです。

 

ぜひ、お試しを。

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ