モンゴルのバター茶

モンゴルのバター茶

モンゴルのバター茶

 

モンゴルには、バター茶といわれるお茶を一日に何度も飲む習慣があるそうです。

 

バター茶とは 発酵茶、バター、それに岩塩を入れて混ぜた飲み物です。
私は飲んだことはありませんが、材料から推測するに、濃厚なミルクティーって感じでしょうか。

 

この高原地帯の家庭では、バター茶を作る専用の容器があるんだそうです。
そのくらい親しまれていて、かつ頻繁に飲まれているということです。

 

モンゴルの高原地帯は平均気温がマイナス35度という厳しい寒さ。
超陰性の土地・気候ということになります。

 

 

陰性の土地・気候では、陰陽のバランスをとるために、陽性の食べ物が必要になります。

 

  1. バターは極陽性の食べ物。
  2. 発酵茶は、茶の中では陽性になります。
  3. 岩塩は、いわずもがなの極陽性。

この3つをミックスしたお茶なのですから、身体がポカポカと温まるのでしょうね。

 

お茶というよりスープという感覚でしょうか。
まさに、陰陽論をベースにした、生きる知恵です。

 

 

 

モンゴルから遠く離れた、ブラジルでは、身体を冷やす陰性の飲み物、コーヒーが飲まれています。

 

ブラジルはコーヒー豆の原産地ですので、消費量が多いのは当然なんですが、ブラジルは暖かい気候です。

 

温かい気候であれば、コーヒーの陰性度(冷やす性質)もちょうどバランスがとれています。

 

このように、気候によって食文化が異なっているのは、たいへん興味深いですね。
その土地の伝統的な食文化は、陰陽論がベースになっていることが、多いです。

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ