身体を温める色&冷やす色

身体を温める色&冷やす色

身体を温める色&冷やす色

 

色には、身体を温めたり、冷やしたりする作用があるようで、興味深いです。

 

代表的な例では、

赤 は 交感神経を刺激して、心拍数を上げる カラー 
青 は 副交感神経を刺激して 心拍数を落ち着かせる カラー

 

つまり、赤は陽性の色で、青は陰性の色 ということになりそうです。

 

原色に近いほど、強力に作用するようです。
もちろん冷え性改善に根本的に作用するとは考え難いですが、お洋服の色などに取り入れるのは、面白いかもしれませんね。

 

そういえば、私は冷え性で悩んでいたころ、青い色の洋服ばかりを着ていました。ブルーのジーンズ、ブルーのコート、ブルーのシャツという感じです。

 

ブルーが一番、しっくりくる というセンスでした。

 

しかし、不思議なことに、今は、赤が好きなのです。
陰陽を意識してではなく、センスが変わりましたね。

 

それも原色に近い赤が好きで、ブルゾンや小物などで、赤を選ぶことは多いです。
体質が変わると、センスも変わるのでしょうか? 不思議です。

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ