就寝時の靴下二重は、冷え性改善に逆効果

就寝時の靴下二重は、冷え性改善に逆効果

就寝時の靴下二重は、冷え性改善に逆効果

 

冷え性の人は、就寝時に、靴下を二重にすることが多いと知りました。
冷気を遮断し、保温が目的だと思いますが、冷え性改善には逆効果なので、オススメできませんね。

 

冷え性改善のための、根本的な原因に、全くアプローチできていない ということ。
そして、特に就寝時の体温調整が狂ってしまうからでもあります。

 

就寝時の足というのは、体温を調整するためのセンサーの役割があるのです。
靴下を二重にはくことによって、センサーの感度が鈍ってしまいますし、血流を阻害して余計に、足が冷えてしまいます。

 

また、就寝時は、足にも汗をかくため、靴下が湿気をおびて、逆に冷えてしまうからでもあります。

 

靴下を二重に履いて、就寝しても、冷え性改善には、全く効果がなく、逆に寒い思いをするだけですから、やめたほうが良いですよ。

 

 

 

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ