きゅうりに味噌をつけて食べる理由

きゅうりに味噌をつけて食べる理由

きゅうりに味噌をつけて食べる理由

 

きゅうりに味噌を付けて食べると、相性が良くて、美味しいですよね。
もろきゅう と言われる食べ物ですよね。

 

この「きゅうり」に 「味噌」をつけるのは、古くからある伝統的な食べ方です。
この食べ方は、陰陽論で考えることができます。

 

きゅうりは瓜科の植物で、スイカと、同じ系統です。
きゅうりやスイカは夏に旬を迎える植物です。

 

夏に旬を迎える野菜は、身体を冷やす性質、つまり陰性のパワーが強くなります。
ですから、きゅうりを、生のまま 食べ過ぎてしまうと、どうしても身体が冷えてしまうわけです。

 

そこで、この強い陰性のパワーを、中和するための、陽性パワーが必要になってくるのです。
野菜の場合は、全般的に陰性の性質が強いですから、煮物にしたり、蒸したり、焼いたりして陰性を和らげます。

 

 

しかし、 きゅうりは、ほとんど水分でできている野菜ですから、煮たり焼いたりするには向いていません。

 

 

そこで、陽性の身体を温める性質のある味噌をつけるという理屈なのです。

 

 

味噌は味噌汁で飲んでも身体が温まりますが、 味噌そのままを陰性のきゅうりに付けることで、強力な陽性パワーで、中和できるのです。

 

味噌のコクと塩 それに、きゅうりの清涼感 とのコラボレーションが美味しい 「もろきゅう」になるのです。
陰陽の相性が良いものは、美味しく感じるというマジックが起こるわけです。

 

 

 

 

陰性の野菜と味噌の組み合わせは他にもあります。

 

「茄子の味噌炒め」 もそうですね。

 

茄子は典型的な陰性の野菜です。 「秋茄子は嫁に食わすな」っていう言葉がありますが、これはお嫁さんの身体を冷やすな という意味でつかわれている格言でしょう。
身体が冷えてしまうと不妊症の原因になるからです。

 

味噌の極陽性と、茄子の極陰性を、かけあわせて、陰陽の中和して、美味しく食べようと ということなのです。

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ