牛乳が主食の民族は、冷え性なのか?

牛乳が主食の民族は、冷え性なのか?

牛乳が主食の民族は、冷え性なのか?

 

牛乳が主食の人々がいます。

 

日本とは気候も環境も文化も全く異なる ケニア南部 その民族、マサイは暮らしています。
マサイの人々は、主食が牛乳で、少しの 肉と、牛の血液 口にするという食生活です。

 

主食となる牛乳は陰性の飲み物で、体を冷やす陰性の食品です。
では、このマサイの人々は、みな「冷え性」なのでしょうか?

 

 

いいえ。そんなことはありません。

 

「冷え性」どころか、筋骨たくましく、子孫も多く、すこぶる健康体だといいます。 
長寿の方も多いそうです。

 

では なぜ、陰性の牛乳を毎日何リットルも飲んで、冷え性になったり、体調を崩さないのかというと、体質が日本人と、全く異なるからです。

 

日本とケニア南部では、環境が全く異なる、であれば体質が異なるのはとても自然なことなのです。

 

伝統的な食生活というのは、その土地の気候風土に合わせて発展するものですから、マサイの人々にとっての牛乳は、日本人の米と同じように、ピッタリと合っている食べ物なのです。

 

 

魚や豚肉、鶏肉が手に入りにくい気候・環境だが、牛乳なら豊富にある。
この自然環境が、牛乳を主食にさせても平気 という体質をつくったのです。

 

この地で暮らす人々は、この地で生きていく為に体質を進化させていったわけです。

 

ですから、「長寿の秘訣は?」と、マサイの人々に訊ねたり、研究しても日本人には全く参考になりません。
根本的に体質が違うのですから、もともと無理なのです。

 

 

もちろん、日本人が牛乳を主食的に飲んでも健康にはなれません。
むしろ体調を崩してしまいます。 理由は、説明のとおり、体質が違うからです。

 

ですから、個人的には、学校の給食で 牛乳が毎日のように 配給されていることに疑問を感じています。

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ