生姜紅茶は冷え性に効くのか?

生姜紅茶は冷え性に効くのか?

生姜紅茶は冷え性に効くのか?

 

生姜紅茶は、冷え性に効果があるとして、有名ですよね。

 

私は、それは無いと言ってます。
生姜紅茶で、冷え性が根本的に改善することはありません。

 

生姜紅茶は冷え性に効くのか?

 

 

 

冷え性には生姜は本当に効くのか?のページでも生姜そのものを説明していますけど、生姜は身体を温めません。
生姜は陰性のスパイスですから、身体の熱を冷ます働きをしますから、正反対とも言えるわけです。

 

生姜はアルカリ性ですから、酸性化した体質を中和するには、一役買います。
でも、生姜や紅茶だけで、冷え性の原因である陰性化と酸性化を改善できるほどのパワーは無いのです。

 

 

 

なぜ、紅茶なのか というと、茶の中では、最も陽性なのが、紅茶だからでしょうね。

 

  1. 紅茶
  2. ウーロン茶
  3. 番茶
  4. 緑茶
  5. 抹茶

 

の順番で、紅茶が最も陽性の茶なのです。
茶葉は、発酵するほど陽性で、新鮮なほど陰性が強くなる性質があるのです。

 

これは、いつも主張していますが、茶やハーブティなどの液体の飲食物だけで冷え性の体質を改善できるほどのパワーは無いのです。

 

そんなパワーあったら、逆にデイリーユースできないのですから。 ありえないです。

 

 

ちまたの、冷え性改善情報は、オシャレに手軽に冷え性を改善していきまっしょ♪ というような ライトな読者層へ向けているようですが、冷え取りラボは、冷え性を根本的に、ガツンと改善させようと考える人向きの情報になります。

 

というわけで、生姜紅茶は、冷え性に効果はありません。
嗜好品として、楽しみましょう。

 

 

生姜紅茶は、胃が痛くなりますね

生姜紅茶と冷え性の効果を、ここまで、きっちり否定しているのですが、実は私も試したことはあります。

 

試していないことを、否定することはありません。

 

 

生姜紅茶は、不精な人でも、簡単につくりおきできます。
魔法瓶の中に、紅茶のパックを入れて、その中に、輪切りにした生姜を適量入れて、30分も待ては、出来上がります。

 

生の生姜なら、すりおろさなくても、輪切りにするだけで、成分が出ますね。
これを、水分補給かわりに、1リットルくらい飲んでいたことがありました。

 

確かに、生姜の成分ジンゲロールの働きで、一時的に身体がポカポカするのですが、そのあと、サーッと熱が冷めていきます。

 

結局、生姜は陰性のスパイスだからです。
(そうでなければ、インド料理に採用されませんからね。)

 

 

最初は、ポカポカする感覚に、病みつきになって、数日続けてみたのですが、だんだん胃に違和感が・・・。
そう、生姜は、刺激性のある薬味でもあるので、胃に負担がかかっていたのです。
胃がムカムカしだしたので、やめてしまいました。

 

生姜紅茶は、嗜好品としては、コーヒーよりは健康的ではありますが、大量に飲むものでは無いですね。

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ