チーズは陽性食品

チーズ

チーズは陽性食品

 

冷え性とチーズの関係を説明しましょう。

 

チーズは陽性食品

 

チーズは、身体を冷やさない乳製品です。
冷え性改善のためには、上手に活用すると良いです。
しかし、強烈な酸性食品ですから、食べ過ぎると、体調を悪化させます。

 

チーズの性質

  • 陽性食品
  • 極酸性食品

 

チーズは、牛乳を原料とした、固形の乳製品です。
チーズは、乳製品の中で、唯一、陽性の食べ物なのです。

 

牛乳や、ヨーグルトは、陰性の食品ですが、発酵させ、水分を飛ばしている固形状の食べ物ですから、陰性の害は無くなり、陽性の食べ物となっているのです。

 

陽性の食べ物で栄養価も豊富なのだから、ジャンジャン食べるべきか と言ったら・・・それはNO!です。

 

なぜなら、チーズは、牛乳、ヨーグルトと同じく、酸性食品だからです。
酸性食品の食べ過ぎは、身体を酸化させ、血流を悪くしますから、やはり冷え性の原因になってしまいます。

 

付き合い方次第で、冷え性改善には役立ちますから、上手に取り入れれば良いでしょう。
上手に使えば、良い味方ですが、多用すると、敵になるのがチーズなのです。

チーズとトマトが合う理由

 

チーズは陽性食品

 

↑この写真のように、トマトとチーズは、相性が良い料理です。

 

これは、なぜかというと、陰性と陽性の組み合わせだからです。

 

  • マトは、陰性。
  • チーズは、陽性。

 

陰と陽が、バランス良い料理というのは、身体が美味しく感じます。
まさに、トマトとチーズは、陰陽の組み合わせ状、バッチリな料理といえるのです。

 

また、チーズは、乳製品の中では、最も、消化吸収が悪いとも言えます。

 

チーズは、けっこう胃もたれする食べ物でもありますよね。
私も、かつて、チーズフォンジュを食べ過ぎて、気持ち悪くなったことがあります。

 

チーズは、酸っぱいものと一緒に食べると、消化吸収が、各段に良くなります。
ですから、トマトなどの野菜の酸味と相性が良いわけですね。
酢を上手に使って、食べるのも良いでしょう。

 

 

チーズは酸性食品なので、食べ過ぎに注意

チーズは、陽性食品ですから、食べると、身体を温める方向へ作用する食べ物です。
冷え性改善には、上手に利用していくことが吉です。

 

ところが、先述したように、チーズは、強い酸性の食品でもあります。
酸性の食品を食べ過ぎると、身体が酸化して、やはり血流が悪くなっって結果、身体が冷えていきます。

 

私もかつて、チーズを食べ過ぎて、身体が酸化しました。

 

自覚症状としては、毛穴が黒く詰まるのです。 そして、疲れやすく、体臭が強くなってしまいました。
そして、目がショボショボとかすんでしまって、たいへん苦痛な思いをしました。
これは、酸性体質の典型的な症状です。

 

陽性食品だからといって、過剰に食べ過ぎると、すぐ身体が酸化してしまうのが、チーズでもあります。

 






スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ