冷え性にはドライフルーツ

ドライフルーツ

冷え性にはドライフルーツ

 

冷え性とドライフルーツの関係を説明しましょう。

 

生の果物は、冷え性改善のためには、厳禁食材であることは果物のページで説明しています。
果物は、冷え性をつくるのが、果物 と言っても過言ではありません。

 

果物が好きな人や、チョコレートやクッキーなどのお菓子を食べるよりは、果物を取り入れたいという人には、ドライフルーツを推奨しています。
これは、なぜかというと、生の果物を乾燥(ドライ)させることによって、極陰性のパワーが弱まるからです。

 

乾燥という工程は、陽性のパワーを付加するからですね。

 

 

ドライフルーツの性質

  • 弱い陰性食品
  • 酸性食品

 

 

冷え性にはドライフルーツ

私の好物のひとつである、干し柿

 

冷え性にはドライフルーツ

プルーンもドライフルーツの代表格

乾燥は、食材に陽性のパワーを与える

乾燥という工程は、食材に陽性のパワーを与えるのです。

 

生の柿は、極陰性の性質をもつ食べ物で、食べ過ぎれば、あっという間に身体は冷え、陰性化してしまいます。
ところが、生の柿を干して乾燥させることによって、強すぎる悪性の陰性パワーが衰え、弱陰性の食べ物に変化します。

 

以前は、乾燥させる工程とは、保存食をつくるためでしたが、現代では、保存ではなく、陰性を弱めるため に行う。
と言っても良いのではないでしょうか。

 

ちなみに、魚の干物や、干し肉なども、生のものよりも陽性化するのです。

食べ過ぎないこと、あくまでも嗜好品

ドライフルーツは、ドライ化させることによって、冷え性改善を妨げにくい食べ物に変化はしています。
だからといっても、冷え性を改善することを助ける食材では無いのです。

 

あくまでも、健康的なオヤツ という概念で考えてください。
ドライフルーツを積極的に取り入れても、冷え性が改善するという理屈は全くありません。

 

あまり知られていませんので、ちょっと付け足すと、ドライフルーツは、果糖の塊ですから、脂肪をつくりやすい食べものです。
つまり、食べ過ぎれば、体内の中性脂肪を増やし、内臓を痛めやすいですから、注意してください。






スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ