冷え性改善に必要な栄養

特に必要な3つの栄養

私が考える冷え性改善に、特に必要な栄養は、3つ
それは・・・

 

冷え性改善に必要な栄養

 

  1. 塩分
  2. カルシウム
  3. クエン酸

 

 

この3栄養素が、特に必要となります。
冷え性の原因である、身体の陰性化&酸化を改善するには、この3つが必須になるのです。

 

 

 

塩分

塩分は、冷え性改善に必須の栄養です。

 

塩分は、身体を陽性化&アルカリ化するために、なくてはらなない必須の栄養だからです。

 

塩分は、冷え性改善以前に、生命を維持するためにも必須ですから、塩分を摂らないということは、通常ありえないと思います。
(飲まず食わずの荒行に挑戦するお坊さんでも、多少の水と塩だけは、口にするそうです。)

 

ですから、あえて必須の栄養素として、指摘することは無いのですが、現在は、減塩ブームです。
減塩ブームのような間違った常識が、まかり通っているだけに、あえて塩分の重要性を指摘することにしました。

 

塩分が不足すると、身体が陰性化、そして酸化してしまいます。
冷え性を改善している期間内は、通常の食事よりも、塩分を強くすると効果的なのです。

 

ただし、利用する塩分は、本物の塩を使うことが大前提です。
塩化ナトリウムだけの塩は、使わないことです。

 

 

カルシウム

カルシウムは、極陽性、極アルカリ性の栄養素です。

 

カルシウムも、必須の栄養素ですが、不足しやすいことで有名ですよね。

 

カルシウムは、体内に貯金があるのですが、慢性的に不足してしまうと、破産状態となって、骨がスカスカになっていきます。
老人の骨粗しょう症は、カルシウムの不足による、極度の陰性化なのです。

 

陰性化は、脆く、やわらかくなり、逆に、陽性化とは、頑丈に、硬くなっていく性質があるのですが、まさにセオリー通りですね。

 

カルシウムは工業用の薬品としても使われいて、例えば、道路やテニスコートを固めるときに、散布することもあります。
グラウンドの防塵対策にも、カルシウムを巻いて、地を固めます。カルシウムの陽性の作用を利用しているわけです。

 

そして、カルシウムは、酸化した体液を体内で中和するときに、使われる栄養素でもあります。
カルシウムは、骨の中に貯金されていて、中和が必要なおり、そのカルシウムを利用しているわけです。

 

身体が酸化するような食事や生活を繰り返せば、体内のカルシウムは、酸の中和にどんどん使われていくことになるのです。

 

以上の理由により、カルシウムも、身体が陰性化&酸化した冷え性にとって、必須の栄養素であることは、ご理解頂けたと思います。

 

冷え性改善食には、カルシウムが豊富な、おかずを用意すべきなのです。

 

 

クエン酸

クエン酸は、すっぱい成分です。

 

 

に、ふんだんに含まれています。

 

 

■超強力なアルカリ性

 

クエン酸は、口の中入れると、酸っぱいです。
酸っぱいのだから、酸性食品だと思われるはずです。

 

ところが、クエン酸はアルカリ性食品なのです。
それも、ものすごく強力なアルカリです。

 

クエン酸ほど、強力で効率的なアルカリ性食品を、私は知りません。
そのくらい強力な成分です。

 

クエン酸は、胃の中までは、酸性の成分として働きますが、十二指腸で分泌される重曹成分で中和されると、クエン酸ナトリウムとして、体内に取り込まれます。
このクエン酸カルシウムが、強力なアルカリ性成分として、酸化した体液を中和してくれるわけです。

 

 

 

■胃液を分泌させ、消化を正常化する

 

陰性化した身体で、身体が冷えていると、胃腸の働きが極端に悪くなります。

 

私も冷え性の時は、とにかく胃腸が弱かったです。

 

何を食べても、すぐ下痢か、便秘で、胃もたれしていました。

 

食後のうつ・だるさ にも、とても悩んでいました。

 

 

これは、ようすると、陰性化したせいで、胃液が正常にでていないのです。

 

クエン酸は、胃液を正常に分泌させることができる唯一ともいえる成分です。
消化が悪くなっている冷え性の人は、胃液を正常化させる必要もあるのです。
だからこそ、クエン酸なのです。

 

 

 

■ミネラルの吸収を良くする

 

クエン酸は、鉄分、カルシウム、マグネシウムなど、身体の調子を整えるミネラルの吸収を、劇的に高めてくれる成分でもあります。

 

とくに、鉄分、カルシウム、マグネシウムは、身体を陽性化するミネラルでもあるのですが、吸収率が悪いことでも有名です。

 

クエン酸を同時にとることで、吸収率が抜群に上がります。

 

 

 

 

昔から、梅干しや、酢が、健康に良いと言われてきた理由は、クエン酸に理由があったわけです。

 

以上の理由により、効率的に冷え性を改善するために、クエン酸は必須中の必須成分と言えるのです。

 

 

 

冷え性改善食は、この3つの栄養を取り入れている

私が考案している冷え性改善食の献立は、この3つの栄養素を主役として、設計しています。

 

具体的なレシピは、レシピ集を参考になさってください。

 

 

注意点 ★誤解を防ぐために

ここで説明した3つの栄養は、冷え性を効率的に改善するために、特に必要な栄養です。

 

だからといって、サプリメントなどで、カルシウムやクエン酸を大量に服用したり、塩水を大量に飲んだりするのは、禁止。

 

私も同じことを考えて、やってみましたが、冷え性が改善する以前に、体調がおかしくなってしまうのです。

 

特に、カルシウムのサプリメントは、絶対に反対です。
不自然に大量にとったカルシウムは、余った分が悪さをするからです。

 

特に、眩暈(めまい)の原因になります。

 

これは、私の経験上の実体験談です。

 

カルシウムは強力なアルカリ性とわかっていて、カルシウム剤をサプリで大量にとったことがありました。
すると、しだいに、眩暈がくらくらするようになってしまいました。

 

あまりに酷い眩暈だったため、耳鼻科で検査をお願いしました。
すると、耳の中の耳石にカルシウムがくっつている という診断がでてしまいました。

 

カルシウムは、大量にとると、処理しきれずに、悪さをするのです。
(カルシウム剤を止めて、数日後、眩暈は治りました)

 

極端なことはせずに、ナチュラルに、対策をしていってください。

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ