冷え性改善の原則

冷え性を改善するには原則があります

「冷え性とその原因」を読んで頂いた読者さんは、冷え性をどのように改善すべきかを、おおむね、ご理解頂けていると思います。
このページでは、冷え性改善の原則を、詳しく説明していきます。

 

 

 

冷え性の原因は・・・陰性体質・酸性体質 だから なのです。
(詳しくは、冷え性の原因のページをご一読ください。)

 

つまり・・・

 

冷え性改善の原則

 

  • 陰性体質 (身体が冷えている体質)
  • 酸性体質 (血流が悪い体質)

 

を、体質改善すれば、冷え性は、自動的に改善する。

 

 

これが、冷え性を改善する方向性であり、冷え性改善の原則です。
冷え取りラボの情報は、陰性体質と、酸性体質を、体質改善するためのノウハウということになりますね。

 

 

目指すべき体質

冷え性改善への道は、体質を改善することにあります。
その目指すべき体質は、以下のようになりますよね。

 

×陰性体質 ⇒ ○中庸体質
×酸性体質 ⇒ ○アルカリ性体質

 

陰性体質は、身体が冷えきった体質ですので、熱を保てる中庸体質を目指します。
中庸体質に、体質改善できれば、冷えは無くなります。

 

酸性体質は、身体が酸化して、血流が著しく悪くっている体質ですので、アルカリ性体質を目指します。
アルカリ性体質に体質改善ができれば、血流の流れは正常になるのです。

 

冷えがなくなり、熱がしっかり保て、血流が改善すれば、それは冷え性を改善したことになるのです。
これが、目指すべきところです。

 

原則を無視した方法論は、本質では無い

冷え性改善の原則を、無視した冷え性改善方法は、すべて本質的なく、枝葉末節的な、その場しのぎの対処療法だと考えてください。

 

例えば、

 

  • ハーブティーで冷え性が改善できる
  • 生姜をたくさん食べれば冷え性は治る
  • 足湯を毎日続ければOK
  • ゆっくり温泉に入ろう

 

などなどです。

 

これらは、冷え性改善の原則を、一切無視した方法論で、身体が温まるのは、その時だけです。

 

冷え性を改善するというのは、冷えない・血流の良い身体をつくることにあるのであって、一時的にポカポカになることでは無いのですよ。

 

常に、冷え性改善の原則中心であってください。

よくある質問

陰性体質だけど、アルカリ性体質 ということは ありえますか?

ありえますね。

 

陰性体質だけど、アルカリ性体質 ということは、十分ありえます。
というのも、ベジタリアンのような、菜食だけをしている人は、アルカリ性の体質にはなるのです。
なぜなら、菜食は、必ずアルカリ性の食事になるからです。

 

ところが、菜食は、生で食べ過ぎると、陰性が強すぎて、陰性体質へなっていくのです。
ですから、アルカリ性体質で、血流はサラサラであっても、けっきょく熱を保てない陰性体質なのですから、身体は冷えているのです。

 

このタイプの冷え性の人は、健康マニアのような人に、意外と多いと思います。

 

なぜ、陽性体質を目指さないのですか?

陽性体質は、適度であれば、たいへん健康的な体質と言えます。

 

だけども、陽性や陰性に、一度傾くと、コントロールすることが、難しく、どんどん加速していってしまうものです。
陽性体質を目指すと、最終的に、身体を壊すほどの、陽性過剰のような体質へ陥りやすいです。

 

なので、中庸体質を目指すべきと、考えています。






スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ