冷え取りラボ 筆者 【鈴木ダイスケ】

冷え取りラボ 筆者のプロフィール 【鈴木ダイスケ】

冷え取りラボ 著者

横浜 ベイブリッジの真下で

 

 

冷え取りラボ 著者: 鈴木ダイスケ

 

  • 男性
  • 神奈川県 横浜市出身
  • 横浜市在住
  • 1979年生まれ
  • 既婚 (妻・長男)
  • 旅行好き
  • ドライブ好き

 

 

 

■著者 ごあいさつ

 

こんにちは。 冷え取りラボの著者、鈴木ダイスケです。
アクセス頂き、ありがとうございます。

 

私は、かつて、冷え性で、とても悩み、苦しんでいました。

 

 

冷え取りラボ 筆者のプロフィール 【鈴木ダイスケ】

 

自覚し始めたのは、社会人1年目くらいの時からですかね。とにかく肩がこるんです。もう痛いくらいに。
どんなに肩をマッサージしてもらっても、お風呂で温まっても、磁石を張っても、一向に治らない。

 

特に、冬がたいへんでしたね。肩こりの他に手足がいつまでたっても、冷たい、頭がボーっとしている。
体温がなかなか上がらないので、やる気も起きない。食も細い。下痢や便秘は日常茶飯事。

 

自分が冷え性だったと自覚する以前、あまりの不定愁訴ぶりに、重大な病気にかかっているのではないかと心配になり、病院にもいきましたが、検査の結果は「異常なし」

 

「なっ!なぜだ!!こんなに調子悪いのに!!」
「肩も痛いくらいこっているし、胃腸の調子も良くない。体温も低い!異常がないわけがない!!!」

 

 

 

この体験の後、何か直感のようなものが働きました、

 

「今は異常なしらしいが、このままでは重大な病気になるのも時間の問題だ」、と。

 

だから、もう独学で調べまくりました。書籍、辞書、雑誌、ウェブサイト、調べられるものはなんでも。
後でわかったことですが、西洋医学では、冷え性という病名、診断はしないそうです。だから、あの時の 私 は「異常なし」だったのです。

 

ところが、東洋医学的には「異常アリ」です。
そしてそして、数多くの失敗と成功を繰り返し、現在の健康体を取り戻したのです。
なぜ、私が元気を取り戻したのか?

 

私はいろんな方、特に冷え性で悩んでいる方に教えたくて仕方がない衝動にかられていました。
でも口頭ではなかなか伝わらないんですよ。なにか、押し付けがましくなってしまうというか。

 

そして、魔法のような即効性を期待されてしまいますので、効果がすぐに出ないと、なかなか実行してもらえない。
そこで、思いついたのが、この「冷え取りラボ」です。この情報をウェブサイト化して、本当に必要な方にだけ、おすそわけ しよう と。

 

 

 

私は医者でも、医療従事者でもありませんので、信用できないとおっしゃる方もいると思います。
陰と陽、酸性、アルカリ性の話をするものだから、オカルトだと言う人もいましょう。

 

このサイトを信用するもしないも自由です。信用できなければ2度と訪問しなければいいだけです。閲覧は無料ですからね。

 

でも、これだけは言わせてください。私は数年前まで重度の冷え性で悩んでいました。
でも、今はすっかり回復して、健康体です。どうすれば「冷え性」を克服できるのか、様々な書籍を読みあさり、数多ある健康法を試しては失敗を繰り返しできました。そんな失敗の中から、大切な法則を発見できたのです。

 

その法則を理解していただければ、冷え性の克服まで、そう遠くはありませんよ。
このサイトは 私の実体験、失敗、成功を繰り返してきた集大成となっています。
冷え性で悩む人にとって、役立つ情報が満載であることを保証します!

 

 

 

 

■冷え取りラボと、私

 

冷え性改善 冷え取りラボは、私が、2005年から開設している冷え性改善を目的とした無料のウェブサイトです。
詳しくはヒストリーに書いてます。

 

2011年頃から、冷え取りラボの管理運営が、放置(悲)状態となりましたが、反省、改心して、リニューアルし再稼働することになりました。
今後ともよろしくお願いいたします。 

 

冷え取りラボは、私の経験と体験、そして知識を、余すことなく網羅している、私の頭の中を公開しているようなウェブサイトです。
全部無料です。 いつでもアクセスしてくださいね。

 

 

 

 

■冷え性と、私

 

冷え性は、私を苦しめましたが、今では感謝もしています。
食生活を中心に、生活を見直すキッカケになりましたし、その後の人生をとても良くしてくれたからです。
そして、何より、経験と知識を通して、いろいろな人へ情報を提供できる立場になれたからです。

 

陰陽論や、酸・アルカリ性論を、理解できたのも、冷え性の体験があってこそでした。
陰陽論、酸・アルカリ性論は、冷え性克服後の体調管理にも、絶大な威力を発揮してくれています。

 

もう、冷え性で、苦しむのは、こりごりですが、冷え性体験には、感謝をし、良き教訓としています。

 

 

 

■今後の目標

 

私の、今後の目標は、ズバリ、「世界一の冷え性改善ウェブサイトをつくること」  です。

 

冷え取りラボの情報を必要としている人は、世界中にいると思われるからです。
冷え性は、日本のみならず、世界中で苦しんでいる人が多いと聞きます。

 

 

冷え性を改善するには、陰陽論、酸・アルカリ性論の利用は必須です。
陰陽論、酸・アルカリ性論は、アメリカの一部の人には、理解されているようですが、ほとんどの欧米諸国では、非科学として無視されているようです。

 

この2つの論を広めるためにも、がんばってみようと思います。
私は、日本人なので、日本語ですが、まずは、日本から発信して、目指したいと思ってます。

著者への お問合せ






スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ