陰陽&酸アルカリ 食材辞典 2巻

陰陽&酸アルカリ 食材辞典 1巻 2巻

陰陽&酸アルカリ 食材辞典 2巻

陰陽&酸アルカリ 食材辞典 2巻記事一覧

冷え性とうなぎ(鰻)の関係を説明しましょう。うなぎは、身体を温めるけど、酸性の食べ物です。うなぎは、陽性の食材で、身体を温める作用はあるのですが、どうしても脂肪分が多く、強い酸性食品と言ってよいです。うなぎの性質陽性食品極酸性食品写真の うな重は、旅先で私が注文した鰻です。とても、こってりとして、美味しい うなぎ でした。右上に見えている、味噌汁のようなお椀は、鯉こく といって、鯉を赤味噌で煮込ん...

冷え性とドライフルーツの関係を説明しましょう。生の果物は、冷え性改善のためには、厳禁食材であることは果物のページで説明しています。果物は、冷え性をつくるのが、果物 と言っても過言ではありません。果物が好きな人や、チョコレートやクッキーなどのお菓子を食べるよりは、果物を取り入れたいという人には、ドライフルーツを推奨しています。これは、なぜかというと、生の果物を乾燥(ドライ)させることによって、極陰性...

ナッツは、健康に良いというイメージがありますが、陰陽、酸アルカリ論では、どう評価されるのかを、説明したいと思います。果たして、ナッツは健康に良いといえるのか。アーモンドピーナッツマカダミアナッツクルミピスタチオなどなど、様々なナッツがあります。ナッツも、成り立ちがいろいろで、クルミとかアーモンドは、種子であって、ピーナッツは、正確には豆になります。陰陽、酸アルカリも、種子か、豆かによって、多少の変...

冷え性と緑茶の関係を説明しましょう。緑茶は、身体を冷やす飲物です。冷え性改善のためには、避けるほうが無難。ただし、私はいつも言っているのですが、毎日大量に食べるものでは無いものは、神経質になることは無いのです。緑茶も、食後のたしなみ程度の温かい緑茶であれば、すぐさま冷えに影響与えることは無いのです。あまり神経質に陥らないようになさってください。私、陰陽や酸アルカリの理論を知った時、神経質になって、...