陰陽とは何か?

陰陽とは何か?

 

陰陽とは何か?

 

冷え性とは、身体の陰性化と酸性化の自覚症状のことである と 私は、定義してます。

 

この章である「もっと!陰陽論」では、冷え性の原因のひとつである、陰性・陽性の陰陽論について、詳しく述べていこうと思います。

 

 

 

まず、陰陽とは何か・・・。

 

陰陽というのは、この世界に働いている 目に見えないパワーのこと とお考えください。

 

このパワーは、壮大なスケールをもっていて、気候、季節、自然の摂理、森羅万象すべての事象に影響を与えています。
冷え取りラボは、冷え性を改善することがテーマですので、陰陽論を、冷え性に関係する「人」や「食べ物」に、落とし込んで説明しているというわけです。

 

陰や陽という言い方は、仮設代名詞であって、プラス・マイナスと言い換えても良いです。
ですが、ここでは、古来の表現方法に倣って、陰陽と言っています。

 

冷え性は、陰陽を理解して、生活に取り入れることで、改善していくことができます。
陰陽論を理解できないと、枝葉末節の情報だけに振り回されることになって、根本的に改善することはできないのです。
ですから、冷え取りラボは、陰陽論を改善方法の論拠と、しているのです。

 

この章では、超重要な陰陽論を、できる限り解り易く解説し、深く入っていきたいと思います。
きっと、理解が深まると思います。

 

 

陰陽パワーは、太陽と地球が源

冷え性改善には、食事の改善が必須ですので、毎日の食事に陰陽論を落とし込んで考えています。

 

 

陰陽のパワーは、太陽と地球がエネルギーの源です。

 

 

陰陽とは何か?

 

 

  • 太陽のエネルギー
  • 地球が回転する遠心力

 

を、それぞれ、パワーの源としているのです。

 

 

 

  • 太陽が、陽性のパワーの源。
  • 地球が回転する遠心力が、陰性のパワーの源

 

となります。

 

詳しく説明していきましょう。

太陽が、陽性パワーの源

 

太陽は、陽性パワーの源 です。

 

陰陽とは何か?

 

 

話を、宇宙ではなく、私たちの生活にまで落とし込んでみると、理解しやすいです。

 

太陽は陽性パワーそのものであり、供給源なのですから、太陽が見えている日中は、陽性のパワーに影響される時間帯となります。

 

また、太陽が接近する、夏季は、陽性のパワーに影響される季節となるのです。
(最も陽性の日は、「夏至」ですね。)

 

そして、1年を通して、太陽が近い赤道直下の土地というのは、常に、強い陽性のパワーに影響される、場所ということが言えます。
ブラジル、コロンビア、ケニア、インドネシア。 日本では、沖縄県が、近いですね。

 

太陽の影響が強い

 

  • 日中
  • 夏季 (夏至は最も陽性)
  • 赤道直下の国々

 

陽性の影響力が強くなる

 

 

地球が回転する遠心力が、陰性パワーの源

陰のパワーとは、地球が回転する遠心力をエネルギー源としています。

 

陰陽とは何か?

 

地球は、時速 約1700kmで、自転していて、その遠心力によって、宇宙からみた地球は、まん丸の球ではなく、だ円状の球になっているそうです。
南北の地軸を、回転軸にしていますから、最も遠心力が強く働くのは、赤道直下の地域となり、そのあたりが、最も外側へ(宇宙空間側)膨らんでいるのです。

 

そうなると、矛盾を感じると思います。
陽性のパワーが強く働くのが、赤道直下地域であるのに、陰性のパワーも赤道直下の土地ということになります。
でも、それで良いのです。

 

後術しますが、赤道直下の土地というのは、陰陽ともに強いエネルギーを享受できる土地なのです。

 

 

太陽と地球における陰陽というのは、太陽と地球の物理的な距離によって絶妙なバランスで成り立っています。
太陽との距離が遠くなれば、地球の遠心力が勝り、陰性が優勢になります。

 

ですから、日没から、夜明けまでの時間帯、つまり夜間は、陰性の影響力が強い時間帯となりますよね。

 

また、太陽が離れてしまう、冬季は、陰性の影響力が強い季節となります。
(最も陰性の日は「冬至」ですね。)

 

そして、ちょっとややこしいですが、赤道直下の土地は、陰陽ともに最強のエネルギーを享受できる一方で、圧倒的に陽性パワーの方が、優勢になります。
(だから、熱い!) 
陰性のパワーというのは、陽性のパワーが物理的な距離が遠い場合に、影響力を高めますから、立地で言えば、北欧、ロシア、北米の北部、日本でいえば 秋田県、北海道などなどが、強く影響されることになります。

 

 

地球が回転する遠心力の影響が強い

 

  • 夜間
  • 冬季 (冬至は最も陰性)
  • ロシア
  • 北米の北部
  • 北欧
  • 日本でいえば 秋田県、北海道など

 

 

は、陰性の影響力が強くなる

 

 

 

南極&北極は、陰陽のパワーが無い。

 

地球は、南北の地軸を軸に自転しているわけですから、南極や北極は、地球が回転する遠心力は、最も弱いはずです。
ですから、この法則でいえば、南極大陸や、北極点のある場所は、陰性のエネルギーさえ、全く無い場所ということになりますね。

 

陰陽とは何か?

 

また、太陽からの物理的な距離が最も、遠い場所ですから、陽性のパワーも、ほとんど届かない場所となります。
したがって、南極&北極は、陰陽、ともにパワーを享受できない場所となるわけです。

 

ですから、南極大陸は、オーストラリア大陸のほぼ2倍に相当する面積があるというのに、観測基地がある程度で、有史以来、人類が文明を作った歴史がありません。
陰陽ともにパワーが無い というのは、人や動物、植物が生息できない場所であるのです。

 

 

では・・・

 

「陰陽が、無い」 というのであれば、 何も無い 無の場所 なのか と言ったら、違うのです。
それは、宇宙空間に答えがあります。

 

地球は、宇宙空間に漂う船のような存在ですが、宇宙空間はそもそも 絶対零度 −270℃ と言われる極寒の空間です。
そして、ビックバン以降、拡大拡散を続ける、超陰性の場所なのです。(拡大拡散は、陰性の事象)

 

地球が回転する遠心力の影響力は乏しくても、太陽のエネルギーが乏しい以上、宇宙空間の絶対零度の超陰性で、陰性の土地ともいえるわけです。

人は陰陽と共存して生活している

 

太陽と地球をとりまく、陰陽のパワーは、目にはみることはできませんが、森羅万象に強く影響を与えているパワーです。
人は、陰陽のパワーと共存して生活していることを、まず知ってください。

 

土地によって、陰陽の影響力が異なっていることは、説明のとおりです。

 

異国の地の、生活様式や食文化が違うのは、当然なのです。
なぜなら陰陽の影響力に違いがあるためです。

 

その土地で培われた生活様式、食文化とは、陰陽の理にかなった合理的な進化の結果であるといえます。

 

私が、「海外の健康法を、直輸入してきても、日本人には向いていない事が多い」 と主張するのは、これが理由なのです。

 

 

 

陰性の国&陽性の国へ続きます。

 

 






スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ