なぜ、身体が冷えるのか?

身体が冷える理由を知ってください

自分の体質を理解したら、次はその原因を探っていきましょう。
このページは、「冷え性とは」をお読みになってからの方が、理解しやすいです。

 

 

 

さて、まずは、自分が子供だったころを思い出してみてください。
暑い夏も、寒い冬でも元気に外で遊び回っていたんではないですか?
たくさん遊んで、くたくたになっても、一晩眠れば、回復。疲労なんて感じてませんでした。

 

そして、風邪をひいたって3日もあれば、ケロリと治る。「肩がこる」「偏頭痛」なんて子供のころからありませんよね。
でも、いつのころからか、大人になって、いろいろな不快症状に悩むようになってしまう。

 

「手足が常に冷えており、なかなか温まらない。」 、「肩がこって痛いくらいだ」、「疲れがとれない」
子供のころから、このような症状に悩む方はいないと思います。このことから、一つ分かることがあります。

 

「生まれつきの冷え性体質」 は無い。
生まれもっての冷え性体質なんてないです。生まれたての子供のことを「赤ちゃん」と呼びますね。

 

理由は、体温が高く、皮膚が赤くみえるからだと言われています。そのくらい体温が高いと病気になってもすぐに回復するんです。
でも体温が低くなってくると、様々なウイルスに対する抵抗力が落ちますから、病気がちになって、回復も遅い、ということになります。

 

冷え性とはそんな状態です。

 

ではなぜ、身体が冷えてしまうのか?
でも、このサイトは管理人の実体験の記録です。私の経験から言います。

 

 

身体が冷える理由

 

身体を冷やし、血流を悪くする食事

をしているから。

 

と断言します。

 

問題は、「食事」なのです。

 

考えれば、当たり前ですよね、人間の細胞は全て、毎日の食事からできていますから。
ということは、冷え性になってしまう食品があるということが理解できると思います。

 

でも、誤解しないで頂きたいのは、様々な食品は、人間を冷え性にするために存在してるわけではありません。
あくまで、バランスです。バランスさえ保てば健康体も保てるのです。そのバランスを崩したのは人間の方です。

 

 

身体を冷やすメカニズム と 血流を悪くするメカニズム

身体が冷える理由は、「 身体を冷やし、 血流を悪くする食事をしているから。」 です。

 

  • 身体を冷やす
  • 血流を悪くする

 

は、実は、メカニズムが、それぞれ異なるのです。
それを、これからジックリ解説していきますね。

 

  • 身体を冷やすメカニズムは、食事の「陰陽」
  • 血流を悪くするメカニズムは、食事の「酸性・アルカリ性」

 

で、決まります。

 

ちょっと、ややこしいですか?
でも、安心してくださいね。 そんなに難しいことでもありません。

 

このウェブサイト、冷え取りラボの理論の、土台となっているのが、「陰・陽」と、「酸・アルカリ」です。
この2つを、理解できれば、冷え性のメカニズムと、冷え性の改善方法は、自然と理解ができるようになるはずです。

 

楽しみながら、ぜひ、続きを読んでみてください。

 

冷え性になる食事へ進む。

 

 

 

 

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ