もっと!陰陽論

もっと!陰陽論

もっと!陰陽論記事一覧

まず、陰陽とは何か・・・。陰陽というのは、この世界に働いている 目に見えないパワーのこと とお考えください。このパワーは、壮大なスケールをもっていて、気候、季節、自然の摂理、森羅万象すべての事象に影響を与えています。冷え取りラボは、冷え性を改善することがテーマですので、陰陽論を、冷え性に関係する「人」や「食べ物」に、落とし込んで説明しているというわけです。陰や陽という言い方は、仮設代名詞であって、...

陰陽のパワーの源について、説明しました。今回は、陰陽のパワーが、地球の環境に与えている影響について説明したいと思います。テーマは、「陽性の国&陰性の国」です。なぜ、このテーマなのかというと、健康維持に欠かせない食文化と切り離せないテーマだからです。伝統的な食文化は、その土地の陰陽を考慮して、発展、進化してきた結果です。冷え性は、土地の陰陽に合わない、食文化が浸透してきたことが、発端となっているとい...

インドは、陽性のパワーの源である太陽との距離が近い土地にある国ですから、陽性の国であることを説明しました。なぜ、このような話をしたのかというと、食文化と陰陽の関係を、理解して頂きたいからです。インドは、陽性の国ですから、インドの国民は、自然と陽性のパワーの影響を受けて生活することになります。ムンバイは、年間平均気温27度で、過去には40度を超えた日があったほど、熱いところです。ただ、歩いているだけ...

ロシアは、陰性のパワーに強く影響された国、陰性の国でしたよね。陰陽でいえば、陽性インドとは対極の特性をもっている国です。首都モスクワの冬は、−12度が平均気温となる、たいへん寒さの厳しいところです。太陽との距離が遠い場所ですから、陰性のパワーが優勢になるのです。こうした陰性の土地に住む人々は、環境からくる強烈な陰性のパワーに負けないように、陽性の食事を多く取り入れなければ、体調をコントロールできま...

陽性の国インド、陰性の国ロシア連邦、その食文化と陰陽を説明してきました。では、我が日本国を考えてみましょう。日本という国は、 ロシアや、インドと異なり、四季による気温の変化があります。首都東京では、夏は30℃ を越す日があり、冬には、稀にですが、氷点下になることもあります。春秋は、その中間くらいで、過しやすい気温です。このように四季による気温の変化が豊かな環境です。地理は、極陽性である、赤道直下よ...

陽性のパワーについてです。陽性のパワーというのは、身体を温める作用だけでなく、様々な影響力を人に与えています。+陽性パワーが与える人への影響力体が温まる血液循環が早くなる血圧が上昇する思考が行動的になる興奮する体(細胞)が引き締まる性欲が高まる主観が強まる思考が未来に向く脈拍が強くなる勤労意欲が高まる生への欲求 (過度の場合:権力への欲求)積極性が高まる我が強くなる浪費的反抗的多弁華美を好む権利を...

陰性のパワーを説明していきましょう。陰性のパワーは、身体を冷やす という作用があります。冷え性の人は、この陰性のパワーの影響力を強く受けた結果、身体が冷え、冷え性に陥っている。 これが私の提唱する理論です。もちろん、陰性のパワーは、身体を冷やすだけでなく、さまざまな作用を働きかけています。-陰性パワーが与える人への影響力体が冷える血液循環が遅くなる血圧が下降する思考が保守的になる冷静になる体(細胞...

陰陽パワーを利用するには、陰陽の特徴を知っておくと、活用しやすいと思います。いろいろなことに、応用できますよ。陽性の特徴温かい (熱い) 硬い 凝縮 乾燥 発酵 塩分(ナトリウム)が多い 加熱されている 動 筋肉 地球の中心陰性の特徴冷たい  柔らかい 拡大(拡散) 水分が多い 鮮度が良い カリウムが多い 生 静 脂肪 空、宇宙陰陽の代表的な特徴を挙げました。解説しましょう。陰陽というのは、対にな...