寝るときの靴下は逆に冷える

寝るときの靴下は、冷え性対策にはなりません

眠るときに靴下を履くのは、NGです。
冷え性対策にはなりません。 

 

冷え性だと、足が冷えますよね。
私も冷え性で悩んでいたころは、手足が、すぐに冷たくなって辛かったです。

 

就寝時に、足が冷たいからと言って、靴下を履くのは、ダメなのですよ。

 

 

寝るときの靴下は良くないです

 

 

手足というのは、体温を調整するセンサーのような役割があって、就寝中は、体温の高低で、眠りの深さが変わります。

 

センサーである足に靴下を履いてしまうと、センサーの働きを悪くして、眠りの質を下げてしまいます。

 

また、眠っている時は、汗をかくので、素足のほうが、逆に冷えない とも言えます。

 

冷え性であっても、就寝時に靴下を履かない方が良い理由は以上になりますが、そもそも冷え性というのは、身体の陰性化&酸性化が原因ですから、就寝時に靴下を履いたり、靴下を2重にしたりしても、冷え性の根本対策にはならないのです。

 

疑問に感じてしまう人は、冷え性の原因をもう一度読んで、理解してくださいね。

 

 

 

 

眠るときに、足が冷たい時の緊急対策方法

寝ようとして、足がギンギンに冷たかったら、なかなか寝付けませんよね。
だからと言って、靴下を履いてはいけません。

 

では、どうすれば良いかというと、

 

布団に入って、湯たんぽで、腰を温める。

 

足を温めるのではありません。

 

足を湯たんぽで、温めても、焼石に水で、効率が悪いのです。
腰を温めると、足だけではなくて、全身がポカポカして、すぐに睡魔がおそってくるほど。

 

腰は、全身にめぐっている血管が集まっている場所です。

 

腰は、血管の関所のような場所なのですね。 
関所を制すれば、全身がポカポカしてくるという原理です。

 

今は、電子レンジでチンするだけで温まるジェルタイプの湯たんぽも、市販されているので、活用すると良いです。
ジェルタイプなら、腰に当てながら眠っても、腰が痛くならないですよ。

 

もう一度言いますが、湯たんぽで、足を温めるのではないのです。
足が冷たいなら、を温めてください。

スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ