冷え性と肉

冷え性と肉の関係とは

 

冷え性と肉の関係を説明しましょう。

 

肉は、おかずの主役となる食材だと思います。
健康管理にうるさい人達は、この「肉」という食材を、禁じる哲学をもつことが多いと思います。

 

さて、冷え性改善において、私が、肉をどのように考えているかを説明しようと思います。

 

冷え性と肉の関係とは

 

まずは、肉の性質です。

 

肉の性質

  • 陽性食品 (小さい動物ほど陽性) 
  • 酸性食品 (脂肪の多さに比例して酸性) 

 

  • 豚肉
  • 牛肉
  • 鶏肉
  • ラム肉

と、一般的に、食べられている肉は、全て陽性食品であり、全て酸性食品になります。
一般的な魚よりも、陽性であり、酸性となります。

 

また、脂肪分が多い肉ほど、酸性の度合いは強くなります。
ですから、鶏肉のささみ よりも 霜降り牛肉の方が、酸性ということになりますね。

 

これらの理由から、健康マニアの人達にとって、嫌悪される存在になっているのでしょう。
確かに、身体を極端に陽性化しやすく、反動で極陰性の食べ物を欲しくなり、なおかつ、身体を酸性化させますから、おかずのメインにするには、ちょっと不適切な食材とは言えます。

 

だからといって、完全に排除するほどの食材では無いのです。 (完全排除は、砂糖と果物 だけです。)

 

 

小さい動物ほど陽性度が強くなる

動物の肉は、小さい動物ほど、陽性となる とお考え下さい。

 

つまり、

鶏肉 > ラム肉 > 豚肉 > 牛肉 

 

となり、鶏肉が、最も小さい動物ですから、最も陽性となります。
しかし、ここに挙げた4つの動物は、使い分けが必要なほど、陽性度に差はありません。
好みで、よろしいかと思います。

肉は、極陽性になりやすい食材

肉の注意点は、極陽性になりやすい ということにあります。

 

 

冷え性と肉の関係とは
この写真は、典型的な「とんかつ定食」です。

 

とんかつ定食は、豚肉を油(ラード)で揚げた とんかつ に、白米、味噌汁、キャベツ千切り などを 合わせた食べ物ですよね。

 

もともと陽性の食材である、豚肉を油で揚げるということは、とんかつ自体は ”極陽性の極み” のような食べ物になります。
この写真で、わかるように、生のキャベツが添えられていますが、生のキャベツは陰性のため、これだけのとんかつを食べたら、
この3倍の量の、キャベツを食べても、バランスが取れません。 

 

とんかつ定食屋は、キャベツをおかわり自由を謳うお店が多いですが、とんかつを食べると、陰性の野菜を欲して、おかわりをする お客が多いからでしょう。

 

とんかつの場合、極端な例といえますが、一般的には、肉は、生で食べることができない食材のため、必ず加熱が必要となります。
加熱が入れば、食材は、さらに陽性化するわけですから、いずれの肉料理も、必ず極陽性の食べ物になるのです。

脂肪が多い肉は、酸性が強い

先述したように、脂肪分が多い肉は、少ない肉よりも酸性になります。

 

霜降りの牛肉などは、陽性でもあり、極酸性でもある食べ物です。
牛肉、豚肉は、一般的に、脂肪分が多いですから、極酸性になりやすい食べ物とも言えます。

 

ハンバーグ
ハンバーグなどは、脂肪が多いですから、やはり極酸性といえます。

 

しょうがやき
豚肉の生姜焼きは、豚肉のばら肉を使うことが多いですから、やはり脂肪分が多く、酸性のおかずとなります。

 

冷え性と肉の関係とは
ラム肉は、脂肪分が少なく、陽性のパワーがかなり強い肉です。

肉料理は、中和が必須になる

肉料理は、陽性であるため、上手に使えば、強い味方になりはします。
ですが、上記のとおり、強い陽性、強い酸性の食べ物です。

 

ですから、肉料理は、

他のおかずで、中和が必要となるのです。

 

例えば、

 

  • 生野菜サラダ
  • キムチ
  • ザワークラウト
  • ピクルス
  • ぬか漬け
  • 酢のモノ
  • 梅干し
  • 海藻類

 

これらは、陰性であり、強いアルカリ性食材ですから、肉の毒(強い陽性、強い酸性)を、中和することができるわけです。

 

ただし、中和できるからといっても、身体の中では、陽性と陰性、酸性とアルカリ性が、バチバチと反応を起こしているわけですから、身体には負担なのは間違いありません。
肉料理は、若い人は好みますが、老人になるほど、減ってくるのは、なかなか体力を使うからだと、考えていますね。

冷え性改善のための肉料理は・・・

肉料理は、上手に使えば、冷え性改善に大いに役立ちますが、ノウハウが必要です。
具体的な、冷え性改善のための肉料理は、他のページで説明したいと思います。

冷え子ちゃんが、お肉の性質を解説してくれてます






スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ