冷え性と蕎麦(そば)

蕎麦(そば)

冷え性と蕎麦(そば)の関係とは

 

 

冷え性と蕎麦(そば)の関係を説明していきましょう。

 

蕎麦は、簡単に手に入ることができる穀物の中では、貴重な陽性食品といえます。
また、蕎麦は、アルカリ性食品の特徴であるマグネシウムが豊富な穀物であり、微弱なアルカリ性食品とも評価できます。
日本人には馴染みがあって、入手が簡単、安価なのもメリットです。

 

蕎麦(そば)の性質

  • やや陽性食品
  • 微弱なアルカリ性食品 (十割蕎麦に限る)

 

 

冷え性と蕎麦(そば)の関係とは

 

蕎麦は、白米ほど、汎用性のきく主食とは言えませんが、日本人には馴染みがあって、アレルギーの人でない限り、冷え性改善には、たいへん優れた主食になります。
蕎麦は、ビタミンB群、アミノ酸などの、栄養が豊富でもあり、一品料理としても、満足ができる、食材でもあるのです。

 

蕎麦は、肉類、魚類と違って、陽性ではあっても、身体が酸化しないことも、最大のメリットです。

 

私は、冷え性の人には、たくさん食べてほしい、主食が蕎麦でもあります。
白米と、ともに主食のレパートリーとして、加えてください。

 

 

 

 

冷え性改善には、十割蕎麦

冷え性改善には、十割蕎麦を推奨します。

 

蕎麦は、蕎麦の実を粉にしたものを食べるわけですが、日本蕎麦として、食べるのが一般的ですよね。

 

蕎麦の麺は・・・

 

  • 100% 蕎麦粉 の 十割蕎麦
  • 20%小麦粉・80%蕎麦粉 の 二八蕎麦

 

と 2種類が出回っています。

 

二八蕎麦は、小麦が混ざっているから、粗悪品である ということではなく、十割蕎麦は、ややクセがあるため、昔から小麦を混ぜられていたのです。
たった二割が小麦なのですから、それほど、神経質になることはありませんが、冷え性改善を目的としているなら、十割蕎麦を選択されることです。

 

やはり、小麦粉は陰性な穀物であり、酸性の穀物でもあるからです。

 

ただし、激安の立ち食い蕎麦屋の蕎麦や、激安の蕎麦麺は、ほとんど小麦で、蕎麦粉は、ちょっとしか使っていない という噂もありますから、注意が必要です。
蕎麦屋は、手打ちのしっかりした お店を選んでください。

 

ところが、私の経験では、十割蕎麦を提供してくれる蕎麦屋は、あまり多くありません。
やはり、十割蕎麦の特有の食味が、お客に、嫌われるためかと思います。

 

 

 

温かい蕎麦 or 冷たい蕎麦

蕎麦は、

 

  • 温かい蕎麦 (温かい汁)タイプ
  • 冷たい蕎麦 (つけ汁タイプ)

 

があると思います。

 

冷え性改善には、やはり温かい方が良いか?
という疑問があると思いますが、私は、どちらでも好みで良いと考えています。

 

 

冷え性と蕎麦(そば)の関係とは
温かい蕎麦

 

 

冷え性と蕎麦(そば)の関係とは
冷たい蕎麦

 

 

 

 

冷え性改善は、陽性食品を上手く取り入れて、体質を中庸体質へ変貌させることにあります。
冷たい蕎麦が陰性なのか いったらそんなことはありません。
物理的に、冷えているから陰性というわけでは無いからです。

 

ただし、真夏に食べる素麺のように、氷で冷やすのは、さすがに陰性の要素が加わっているので、注意してください。
蕎麦は常温なら、十分陽性のパワーを発揮します。

 

温かいスープと一緒に食べるか、つけ汁と一緒に食べるかは、好みで決めれば良いのです。
ただし、氷で冷やすようなことは禁止です。

 

 






スポンサーリンク




冷え性改善 冷え取りラボ TOPページ